プロヴァンスの溜息

~そよ風に寄り添って~

減量やら料理やらについてのブログ

【ファスティング(断食)体験4/5】 復食期間

 

断食期間 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
92.8→89.3 87 89.6 89.5 89.3 89.4

 

  朝食 昼食 夕食
1日目 ラブレ
具なし味噌汁
V8・酵素ドリンク 豆腐入り味噌汁
2日目 酵素ドリンク
ラブレ
白菜と玉ねぎの味噌汁・V8 味噌汁・温豆腐・納豆
3日目 酵素ドリンク
ラブレ
温豆腐・納豆・かぶ甘酢漬け
焼き芋
かぶ甘酢漬け・大豆の煮物
味噌汁
4日目 酵素ドリンク
ラブレ
バッテラ ぶりの蒸し物・焼き芋・飯寿司
5日目 V8
ラブレ
ゆで牛肉と温野菜のサラダ くじらステーキ

 

 体重が継続的に落ちる、という噂の復食期間ですが、僕の場合は体重が変化しませんでした。何故だ。「復食期間が一番つらい」という感想がけっこう多いようですが、確かにその通りで、自分をコントロールすることの難しさを強く感じましたねー。結果、コントロールできずに4日目にバッテラを1切れつまんでいます^^;

 ちなみに、毎日ラブレを飲んでいるのは、腸内環境を徹底的に変えたいと思ったからです。下痢体質が治るといいなー、で断食を始めたこともありますし。

 

 1日目。正確には、断食最終日の夜、スッキリ大根とやらを試しました。肉好きの僕にとっては、大根なんてただの根っこです。食べることの有難みを一切感じないまま、大根と煮え湯と梅干しを詰め込む数時間。確かに、かなりダイレクトに便が出ます。が、「溜まってた胆汁が出る」についてはイマイチ実感できず。食べたものが豆腐だけなので、断食期間と特に差はなし。

 2日目。朝の計測で、いきなり2キロ減っててビビる。この時は、大根と一緒にいろんなものが出たんだろうと想像していたなぁ。白菜・玉ねぎという固形物を久しぶりに口に入れると、それなりに幸せ感が押し寄せます。で、「食事は沢山噛んで味わおう」という意識が自然に湧いてきます。胃袋を働かせはじめた日だけども、特に体が重いとか、変調があったわけではありません。

 3日目2キロ戻っててビビる。一時的な脱水症状だっただけなんだろうか。2キロをすぐに取り戻した人体の神秘にちょっと感動。肉はまだ食べられないけれども、物を噛むっていいなと感じ入ったり。ただ、どうしても肉や魚が食べたい。このあたりが精神的に一番つらかったかもしれない。ちなみに、ここまで便はあまり出ていません。

 4日目。3日目に同じ。で、我慢できずにバッテラを1切れかじる。ここ1年で一番幸せを感じた瞬間でした。酸っぱい物もサバも大好きなんです。食べた量に対して便が少ないような気がする。

 5日目。本当は1日早いけれども、肉食を解禁しました。生き物を頂く幸せ。体調は良い意味で変化がなく、爽快感がつづきます。

  

 若干フライングしつつも、復食期間を終えることができました。さらに体重が減るかも!なんていう甘い期待をしていましたが、僕の場合はそうはいきませんでしたねー。当時のメモを見ると、復食期間はそれなりに大変だけれども、それほど強いストレスを感じずに済んでいたようです。断食期間が5日間だったから、食べないことに結構慣れていたせいでしょうかね? 3日断食のあとの復食期間のほうが辛そうに思えます。

 次は、初断食の総評です。といっても、実施したのが2か月以上前なので、ところどころ忘れがちではありますが^^;

【ファスティング(断食)体験3/5】 断食期間

 

f:id:BangShrikes:20170211193319p:plain

 準備期間1日目2日目3日目4日目5日目
体重 94.4→93.8 92.8 91.7 90.7 89.9 89.3

 

 ファスティングの本番である断食期間は、だいたい1日1キロペースで体重が減少しました(上表)。ただし、4日目・5日目はなぜか減少の幅が小さくなっています。もちろん、一貫して酵素ドリンク・ときどき出し汁のみを口にするだけの生活を送っていました。

 感想としては、とくに辛い印象はないですね。仕事も問題なくできましたし(1日目はちょっと影響あり)、いてもたってもいられない、というような空腹感はありません。ただ、手足が異様に冷えます。

 

 1日目。一種の諦めが入ったのか、準備期間のような「肉食いたい」はおさまりました。2日連続下痢気味。昼過ぎにちょっと頭がぼうっとして、フラフラする感覚あり。前日は糖質をほとんどとっていないので、この時点でグリコーゲンを使い果たしてたっぽい。

 2日目好転反応やら何やらが来る、という2日目。だけれども、特に何もなし。2日目に来るはずの反応が1日目に来ているっぽいことを根拠に、ファスティングの効果を1日長く享受できるのでは!と甘い期待を抱く。

 3日目食べられない苦しみはないが、食べられない虚しさが堪える。ファスティングには、絶対に精神衛生上の問題がある(断言)。体調に悪いところはなく、むしろ体を軽く感じます。サウナに入ったので、夕方には出し汁+塩をつくって塩分補給。どこから出てきたのか、便がちょっと出る。出し汁で胃腸を働かせてしまったのは落ち度とも言えそう。

 4日目。同上。寒い。

 5日目の夕方まで。同上。

 

 初めてのプチ断食経験でしたが、なんというかドラマ性のかけらもない平坦なものでしたー。重たい好転反応とやらもなく、かといってケトン体が使われ始めてからの爽快感も程々にしかなく(というか、ちゃんとケトン体出てたのか? 酵素ジュースで少量の糖分を頻繁に摂ってたけど……)。初日以外はいつもと変わらない感覚で過ごせていたのには、ちょっとした驚きを感じました。最終日でも、「あと数日、断食を伸ばせるなー」という感覚があります。「もう無理!ものを食べないなんて5日で限界!」と音を上げることもなく、余裕をもってゴールです^q^v 

 ちなみに、断食を5日目の夜でやめたのは、断食明けの「スッキリ大根」を試すためです。さすがに、仕事のある朝にアレをやるのは不可能^^; 数時間トイレとお友達になるそうですし、実際になりました。

 次は、一番の難関とも言われる復食期間です。

【ファスティング(断食)体験2/5】 準備期間

 

 一念発起してのファスティング、準備期間はちょっと短めの3日間にしました。感想を言うと、精神的につらい(泣)。初日から肉を食べたくて仕方がありませんでした。胃袋というよりも、魂が求めている。豆と野菜で生きていくなんて死んでも無理ですねー(死んでいない)。下表は食事メニューです。

 

 朝食昼食夕食
1日目 コストコチュロス1/2 V8ジュース・納豆 V8ジュース・大豆煮物・野沢菜漬物
2日目 酵素ドリンク・V8ジュース 納豆・豆腐 里芋と蒟蒻の煮物・漬物・がんも
3日目 煮物・納豆・酵素ドリンク サラダ・メンマ 野菜鍋

 

 1日目。初日にして、肉魚抜きが精神的にヤバい。今思えば断食直前みたいなメニュー^^; 摂取カロリーは800kcal程度のはずです。

 2日目。初日に同じ。この貧相な食生活に1日で慣れるわけもない。特筆すべきこともなく、欲求不満のままジリジリと過ごす。1200kcal。

 3日目。肉魚抜きも3日目。この時点で「食事制限をした」という達成感が充分にあったので、「ファスティングやめちゃえよー」という囁きが聞こえていた。ヘタレ。そして、なぜか下痢をしだす。1200kcal。

 

 振り返って、一番つらかったのが準備期間かもしれません。大豆製の偽肉なんかを利用していれば、ここまで食事に不満をもつことはなかったかなと反省中。そういえば、マクドナルド総選挙で1位のダブルチーズバーガーが「トリプルチーズバーガー」になっていたんですが、ファスティングと見事にかぶっていて、軽く絶望しましたね。マック結構好きなんです。とにかくジャンク感が強くて、(悪い意味で)家では絶対作れないようなハンバーガー。脂っぽいけどちょっとカスカスしたビーフパティに、ちょっとケミカルなソースがマッチしていて……、話し出すと長くなるので、そのうち別の記事にしよっと。

 次からいよいよ断食期間が始まります。

【ファスティング(断食)体験1/5】 概要

 

 突然ではありますが、2017.1.13からいわゆるファスティングをやっていまして、今現在(2017.2.11)でマイナス5キロを達成しています。もちろん、5キロぶんの脂肪が一気に落とせるわけはありません。「基礎代謝×日数-摂取カロリー」がマイナス12000kcalほどなので(2017.2.11)、脂肪を落とせる上限は1.7kgまででしょう。運動もしなかったし! 水分やら何やらが抜けて、脂肪も1kgほど減らせて(願望)この数値に落ち着いているんだと思います。下グラフは、体重変化を表したものです。 

 

f:id:BangShrikes:20170211102646p:plain

 

 なぜファスティングなんていう(ちょっといかがわしい)ものに手を出そうとしたかというと、実は理由が2つあります。まず、手っ取り早く体重を落としたかったから。油断すると0.1トンになるだという焦燥感がかねてよりあって、まあそれをどうにかしたかった。もう1つは、胃腸の調子を整えたかったからです。十数年来下痢気味だし、ここ数年は胃酸が込み上がるし、喉の調子もよくないし、お医者に行ってもそれなりな対処療法しかないし……。それを改善する、というか改善につながることをしたいと考えていました。どの理由も切実です。書いてて改めて自覚するんだけど、なんで今まで放置してきたんだべ^^; まあ、そこにデブがデブたる所以があるんでしょうね。

 

 さて、人生初のファスティングですが、行程は下表の通り。

 

 準備期間断食期間復食期間
期間 3日間 5日間 5日間
食事 肉・魚は食べず、豆・野菜中心。酒・コーヒーも禁止 酵素ドリンク・水・出し汁。溶かしたマルチV&M 豆・野菜中心、4日目からは肉・魚復帰。

 

 上記のとおり、ファスティング中は酵素ドリンクを摂取しましたが、これは議論の絶えないドリンクですよね。絶えないというか、店売りドリンクは酵素なんてとっくに失活していて、栄養補給以外の意味はないというところに落ち着くというか……^^; それを承知で酵素ドリンクに手を出したのはなぜかというと、酵素ドリンクで痩せたという声の多さ(真偽は捨て置く)を励みにするのもいいかな、と思ったからです。栄養はあるだろうし。あと、それっぽいことをしてると、なんか痩せれそうだし(頭悪い)。ちなみに、ファスティング中は野菜ジュースは飲みませんでした。食物繊維が含まれるので、胃腸を休めるという目的には合わないかなーって。

 

 では、概要篇にして冗長な駄文がつづきましたが、次からは「準備期間」「断食期間」「復食期間」「総評」に分けて記事にしていきます。

このブログについて

 

 読んでくださってるかた、はじめまして。自分は実は今までちゃんとブログを書いたことがない、というか実生活でも日記すらまともにつけられない人間なんですが、思う所があってブログサービスを利用することと相なりました。生きていくうえでは仕事や家庭など、いろいろなことがありますが、このブログは主に「ダイエット」「日々の料理」を中心に更新するつもりです。まるでOLですね! ほぼオッサンだけど。

 というのも、ここ数か月、体重が94キロをキープする状況が続いていまして、減量を続けるカンフルが欲しいという事情があったからです。減量を続けるには食生活の管理も必須なので、当然料理についても。ただし、料理については忘備録的な使い方になる予感がします。ちなみに、肉+果物レシピについては色々広げていきたい。

 何から何まで拙いブログではありますが、何卒ご笑覧くださいませ。