プロヴァンスの溜息

~そよ風に寄り添って~

減量やら料理やらについてのブログ

【ファスティング(断食)体験3/5】 断食期間

 

f:id:BangShrikes:20170211193319p:plain

 準備期間1日目2日目3日目4日目5日目
体重 94.4→93.8 92.8 91.7 90.7 89.9 89.3

 

 ファスティングの本番である断食期間は、だいたい1日1キロペースで体重が減少しました(上表)。ただし、4日目・5日目はなぜか減少の幅が小さくなっています。もちろん、一貫して酵素ドリンク・ときどき出し汁のみを口にするだけの生活を送っていました。

 感想としては、とくに辛い印象はないですね。仕事も問題なくできましたし(1日目はちょっと影響あり)、いてもたってもいられない、というような空腹感はありません。ただ、手足が異様に冷えます。

 

 1日目。一種の諦めが入ったのか、準備期間のような「肉食いたい」はおさまりました。2日連続下痢気味。昼過ぎにちょっと頭がぼうっとして、フラフラする感覚あり。前日は糖質をほとんどとっていないので、この時点でグリコーゲンを使い果たしてたっぽい。

 2日目好転反応やら何やらが来る、という2日目。だけれども、特に何もなし。2日目に来るはずの反応が1日目に来ているっぽいことを根拠に、ファスティングの効果を1日長く享受できるのでは!と甘い期待を抱く。

 3日目食べられない苦しみはないが、食べられない虚しさが堪える。ファスティングには、絶対に精神衛生上の問題がある(断言)。体調に悪いところはなく、むしろ体を軽く感じます。サウナに入ったので、夕方には出し汁+塩をつくって塩分補給。どこから出てきたのか、便がちょっと出る。出し汁で胃腸を働かせてしまったのは落ち度とも言えそう。

 4日目。同上。寒い。

 5日目の夕方まで。同上。

 

 初めてのプチ断食経験でしたが、なんというかドラマ性のかけらもない平坦なものでしたー。重たい好転反応とやらもなく、かといってケトン体が使われ始めてからの爽快感も程々にしかなく(というか、ちゃんとケトン体出てたのか? 酵素ジュースで少量の糖分を頻繁に摂ってたけど……)。初日以外はいつもと変わらない感覚で過ごせていたのには、ちょっとした驚きを感じました。最終日でも、「あと数日、断食を伸ばせるなー」という感覚があります。「もう無理!ものを食べないなんて5日で限界!」と音を上げることもなく、余裕をもってゴールです^q^v 

 ちなみに、断食を5日目の夜でやめたのは、断食明けの「スッキリ大根」を試すためです。さすがに、仕事のある朝にアレをやるのは不可能^^; 数時間トイレとお友達になるそうですし、実際になりました。

 次は、一番の難関とも言われる復食期間です。